綾部へ

 

開祖が上湧別村会議員に当選した翌年、1919年(大正8年)開祖36歳のときのこと。
 

開祖のもとに、郷里田辺よりお父上危篤の知らせが届きます。
 

開祖は北海道を去る決意を固めます。
 

土地や家屋を手放し、妻子を連れて田辺へと向かいました。

 
 

田辺へと向かう途中、開祖は大本(おおもと)教の出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)という人の噂を耳にします。
 

開祖はこの人に父の病気平癒の祈祷をお願いできないものかと、ひとり京都府綾部へと立ち寄りました。
 

そこで出口王仁三郎に出会うことになりますが、この間にお父上は亡くなってしまいます。
 

開祖は大変なショックを受けますが、それまでに王仁三郎に深く魅了されていた開祖は、王仁三郎の勧めもあり、一家を率い綾部に移住することにしました。
 

 

「武道を天職とせよ」という王仁三郎の言葉を胸に、開祖はさらに武道の研鑽を重ねます。
 

1921年(大正10年)開祖38歳のとき、三男が生まれます。
(これまでに男児2人生まれておりましたが、相次いで病死しておりました)
 

この時、王仁三郎が名付け親となり「吉祥丸(きっしょうまる)」と名付けられました(のちの二代目道主)。
 

 

翌年、1922年(大正11年)開祖39歳のとき、突然北海道の武田惣角(北海道開拓時代 参照)が妻子とともに綾部を訪れます。
 

当時綾部の道場「植芝塾(うえしばじゅく)」には陸海軍の軍人も開祖の門人として多数出入りしておりましたが、開祖はその門下の軍人たちとともに惣角の指導を受け、開祖は目録「合気柔術秘伝奥義之事」および「大東流合気柔術教授代理」の資格を授かりました。
 

この時から開祖はご自分の武術を正式に「合気武術(あいきぶじゅつ)」と称するようになり、重ねて武道としての精神的な裏付けを求め「言霊(ことだま)」の研究に没頭したといわれております。
 

また世間では、綾部に稀代(きだい)の武術家ありとうたわれておりました。
 

満州へ

 

1924年(大正13年)開祖41歳のとき、王仁三郎は満蒙(満州とモンゴルの地のこと)に統一宗教の独立国家を建設するという壮大な雄図のもとに、開祖を伴って満州へと渡り、「内外蒙古独立軍(ないがいもうこどくりつぐん)」を結成します。
 

その時開祖は、私達から見ればとても不思議な体験をしております。
 

光のつぶてが飛んでくる

 

王仁三郎と開祖は関東軍特務機関斡旋のもと、満州の支配者張作霖(ちょうさくりん)配下の馬賊、盧占魁(ろせんかい)の率いる「西北自治軍」とともにモンゴルへ向かいます。
 

しかし、盧の独走を疑った張の策謀により何度も死の危機にさらされることになります。
 

開祖はこの時の銃撃戦で、銃弾が来る前に「光のつぶて」が飛んで来るのが見え、それを避けたら、銃弾が光のつぶての軌道を通って飛んでくるという体験をします。
 

その光のつぶてを避ければ、敵弾から逃れることができたと言っております。
 

 

敵の銃弾の弾道が見えたといった話ではありません。
 

銃弾が飛んで来る前に光のつぶてが飛んできて、光のつぶてのあとに銃弾が飛んできたといっております。
 

敵の撃とうという念が、撃つ弾よりいち早く光のつぶてに見えて飛んできたものと思われます。
 

開祖はこの後何度も同じような体験をしますが、こんな話があります。
 

帰国後の話。
 

開祖の弾除けの話は陸軍の中でも有名となり、それならやってみろと、開祖は居並ぶ鉄砲隊の前に立たされます。
 

鉄砲隊は開祖に向けて一斉に射撃を始めます。
 

ところが、いつの間にか開祖の姿は鉄砲隊の背後にあって、鉄砲隊を次々と投げ飛ばしておりました。
 

それならばこれはどうだとばかりに、今度は鉄砲のプロである猟師を呼んできましたが、これには開祖は丁重にお断りしたとのことです。
 

なぜならばと開祖がおっしゃるには、猟師はどこから飛び出すかわからない動物を相手にしているため、反射的に弾を撃つ。
 

軍人は見えている人間を狙って弾を撃つので、どこに弾が飛んで来るか(光のつぶてが飛んで来るので)見えるが、猟師のは見えない、ということでありました。
 

つづく