幼少期は病弱だった開祖

 

合気道を創始しましたのは、

 

植芝盛平(うえしばもりへい)※敬称を略させていただきます といいます。

 

公益財団法人 合気会

 

先代道主、植芝吉祥丸(うえしばきっしょうまる)道主のお父上、

 

現道主、植芝守央(うえしばもりてる)道主の祖父にあたります。

 

 

合気道創始者である植芝盛平は、(以下開祖)

 

1883年(明治16年)12月14日、

 

和歌山県牟婁(むろ)郡西ノ谷村(のちの田辺市)に生を受けました。

 

 

お父様は村会議員を務めるなど村の有力者で、

 

体は大きく、

 

怪力の持ち主であったといいます。

 

 

のちに大相撲力士を投げ飛ばす、

 

近所の餅つきに呼ばれて餅をつくたびに杵を折る、

 

など武勇伝を残すことになる開祖は、

 

幼少の頃は病弱で内向的な読書好きの少年でありました。

 

杵を折るのは武勇伝と言っていいのかどうかわかりませんが・・・。

 

単なる迷惑話?(汗)

 

その後、

 

餅つきは体よく断られるようになったそうです。

 

やっぱり(笑)

 

 

大きくなって珠算学校で学んだあと地元の税務署に勤務することとなりますが、

 

18歳のとき(1901年・明治34年)

 

とある事件をきっかけに税務署を退職することとなります(磯事件)。

 

 

税務署の仕事をやめたあと開祖は、

 

19歳で親戚のつてを頼り単身上京し、

 

文房具卸売業「植芝紹介」を開業します。

 

 

仕事の傍ら天神真楊流柔術(てんじんしんようりゅうじゅうじゅつ)、

 

新陰流剣術(しんかげりゅうけんじゅつ)を学んでおりましたが、

 

元来病弱な身体のため無理がたたったのか4ヶ月後病気を患い、

 

店を従業員に譲り田辺へと帰郷することになります。

 

 

帰郷してからの開祖は、

 

病気克服のため裸足で山野を駆け巡るという鍛錬を積み、

 

頑健な体を作り上げたといいます。

 

ちなみにこの年、

 

開祖は2才年上で幼馴染の糸川はつさんとご結婚されております。

 

開祖19歳でした。

 

若いです。

 

 

1903年(明治36年)開祖20歳。

 

陸軍大阪第4師団歩兵第37連隊に入隊します。

 

同時期、開祖は堺の柳生心眼流柔術(中井正勝)に入門しています。

 

陸軍ではこれまでの鍛錬の成果も現れ、

 

行軍演習や銃剣術で頭角を現し、

 

銃剣術では上官の代理で教官も務めるほど腕を上げます。

 

 

1904年(明治37年)2月8日、開祖21歳。日露戦争が勃発します。

 

 

1905年(明治38年)開祖22歳。

 

伍長に昇進し、

 

第2軍大阪第4師団和歌山歩兵第61連隊に配属され戦地に出征しますが、

 

開祖が本格的な戦闘に参加することなく同年9月5日、

 

日露戦争は終戦を迎えます。

 

 

終戦後開祖は軍曹へと昇進し、

 

上官から陸軍学校へ入学し職業軍人への道を勧められましたが、

 

お父様の猛反対にあい断念され、

 

その後除隊し田辺へと帰郷します。

 

 

つづく